Bikini Warriors Wiki
Advertisement

Summary[]

Characters[]

Text[]

Original Japanese English Translation
君たちはお腹がすいていた魔法使いを助けた。
ちょうどパーティーに魔法の使い手を探していた君たちは、彼女を仲間に加えることにした。
★ダンジョン Dungeon
Webstory fighter.jpg
「いや~、メイジのおかげで助かったよ。防御を上げる魔法で鎧も元通りになったし」
Webstory mage.jpg
「い、いえ、こちらこそ…。わ、わたくしでよければ、お供させてください~」
Webstory paladin.jpg
「さあ、これで最低限の冒険者パーティーとなりましたので、近くの魔物を退治して路銀を稼ぎましょう」
Webstory fighter.jpg
「魔物を退治するとどうして路銀が稼げるんだ?」
Webstory paladin.jpg
「それは決まってますわ。魔物が持っている金を奪うのです」
Webstory fighter.jpg
「それって強盗じゃないの!? 聖騎士、そんなんでいいの!? そもそも人間の通貨をどうして魔物が持ってるの?」
Webstory paladin.jpg
「細かいことを気にする必要はありません。魔物はキラキラしたものが好きとか、そんな感じではないでしょうか。」
Webstory fighter.jpg
「そんな、適当な…」
Webstory mage.jpg
「きゃっ、見てくださいみなさん、魔物です」
Webstory fighter.jpg
「うわ気持ち悪い。なんなんだ、あのドロドロなやつは」
Webstory paladin.jpg
「スライムという下等な魔物ですわ。まあ楽勝な相手ですね」
Webstory mage.jpg
「…そうでしょうか?」
Webstory paladin.jpg
「スライムというのは魔物の中でも一番弱いと聞いております」
Webstory mage.jpg
「そんな弱いんだったら殺さなくてもいいんじゃ……」
Webstory paladin.jpg
「何を言うのです。国家のため。路銀のためですわ。」
Webstory fighter.jpg
「そうだ、わたしの初めての戦いだ、いくぞーーー!!」
(戦闘)
(激しい戦闘)
(そして劣勢へ…)
Webstory fighter.jpg
「いやぁぁぁ。たすけてぇぇ。服溶けるのはもういやぁぁ」
Webstory paladin.jpg
「あぁぁぁん、だめですわぁぁぁ、穢されてしまいますぅぅぅ」
Webstory mage.jpg
「魔法も効かないし、剣も効かないなんて、めちゃくちゃ強いじゃないですかぁぁ。いやぁぁぁぁ!」
★宿屋 Inn
Webstory paladin.jpg
「昨日はひどい目にあいましたね」
Webstory mage.jpg
「生きて帰れたのが奇跡ですよ」
Webstory fighter.jpg
「あの魔物、この世で一番弱いんだよな」
Webstory paladin.jpg
「まあ。一応、そういう風に聞いてましたが・・・」
Webstory fighter.jpg
「そんな一番弱い奴に殺されそうになってるやつに魔王退治という国家レベルの任務をまかす王様、大丈夫なの? 正直心折れそうなんだけど・・・」
Webstory paladin.jpg
「気を落とさないでください。幸いダンジョンの宝箱で金貨は手に入れました。これで装備を整えれば強くなれますわ」
Webstory mage.jpg
「あの~、そもそもこの使命って期限はいつまでなんですか」
Webstory fighter.jpg
「そういえば、いつまでに倒せとは言われてなかったな」
Webstory mage.jpg
「(これだからお役所は…。民間に期限のない仕事なんてありえませんよ)」
Webstory fighter.jpg
「そもそも魔王の侵略とかそういうやつって具体的にはどのくらい進行してるものなの?街が落とされてたりとかあるのか?」
Webstory paladin.jpg
「そういえばそんな話聞いたことがありませんわね」
Webstory fighter.jpg
「なんだそりゃ。実害のない魔王を倒す意味があるのかなぁ・・・」
Webstory paladin.jpg
「きっと上層部は我々の知らない情報を持っているのでしょう。私たちは今やれることをやるだけですわ」
Webstory mage.jpg
「(ひょっとしてこの使命にはもっと大きな秘密があるのかもしれないです・・・)」
Advertisement