Bikini Warriors Wiki
Advertisement

Summary[]

Characters[]

Text[]

Japanese English
君たちは酒場で頭のおかしな魔術師にからまれて、大事な鎧を溶かされてしまった。
羞恥のあまり宿屋に飛び込んだ君たちだったが、朝になっても状況は変わっていなかった。
もう1泊する路銀も残っていない君たちは、あてもなく街をさまよい歩いていた。
Webstory fighter.jpg
「ああ、昨日はひどい目にあった」
Webstory paladin.jpg
「ふふ。しかしおかげで昨夜はファイターと裸の付き合いができたわね」
Webstory fighter.jpg
「誤解されるようなこというな!」
Webstory paladin.jpg
「まあちょうどよかったじゃない。町の防具店であたらしい装備を整えましょう」
Webstory fighter.jpg
「あ~、それで相談なんだけどさぁ。昨日の宿代が二人分金貨10枚立て替えたら、残りが薬草代くらいしかなくて…。ちょっと貸してもらえないかなぁ?」
Webstory paladin.jpg
「ないわよ」
Webstory fighter.jpg
「えっ」
Webstory paladin.jpg
「わたくし、現金は持たない主義なの」
Webstory fighter.jpg
「キリッとしていうことですか」
*******************
Webstory fighter.jpg
「お金がないのに装備は溶けてしまうなんて、ゼロどころかマイナススタートの冒険なんてありなの?」
Webstory paladin.jpg
「ファイター、案ずることはないわ。あの柵の奥を見て!」
Webstory fighter.jpg
「ああ、なぜか宝箱が置いてあるね」
Webstory paladin.jpg
「えぇ。あの中には財物が入っているかもしれないわ」
Webstory fighter.jpg
「そりゃ、入ってるかもしれないけど、あたしたちのものじゃないからね」
Webstory paladin.jpg
「世界救済者特別措置法」
Webstory fighter.jpg
「なんですか、それ」
Webstory paladin.jpg
「世界を救う任務を国家より任じられた者は、町の宝箱やタンス、木箱などの中に入っている有用なものを民間から接収してよい、という法律よ」
Webstory fighter.jpg
「むちゃくちゃ悪用されそうな法律だな」
Webstory paladin.jpg
「というわけで、あの宝箱はわたくしが開けてくるわ。まあ、まかせておきなさい!」
Webstory fighter.jpg
「あ~、回り道で行っちゃった。こんな低い柵なんだから乗り越えちゃえばいいのに」
*******************
Webstory paladin.jpg
「はぁ、はぁ。あなたも、なかなか人が悪いわね。わたくしが30分もかけてたどり着いた宝箱に先回りして先に開けてしまうなんて」
Webstory fighter.jpg
「いや、どうみても柵乗り越えた方が早かったでしょ!」
Webstory paladin.jpg
「結局中身は何だったの?」
Webstory fighter.jpg
「ちょっとカピカピになったパンが1個」
Webstory paladin.jpg
「宝箱の中にカピカピのパンですって? 持ち主は何を考えてそんなことをしたのよ」
Webstory fighter.jpg
「そうだな~。たぶん、世界救世なんとかっていう法律を知った上での、御茶目なイタズラかもしんないね~。 笑えないけど。まあ、いちおうもらっておくかな」
Webstory paladin.jpg
「捨てておしまいなさい、そんなもの!」
Webstory fighter.jpg
「いやいや、何かの役に立つかもしれないだろ。」
Webstory paladin.jpg
「もう一個見つけたら、胸につけてビキニアーマーにでもするおつもりですか」
Webstory fighter.jpg
「そんなわけないだろ! それよりパラディン、あそこに誰か倒れているよ! どうしましたお嬢さん。大丈夫ですか」
Webstory mage.jpg
「おなかがすいて、力が出ません・・・」
Webstory paladin.jpg
「あら、あなた魔法使いではなくて?」
Webstory mage.jpg
「そ、そうですぅ~、一緒に冒険する仲間を探そうと毎日酒場にいたのですが、ついに飲み代がなくなって3日も何も食べてないのです」
Webstory fighter.jpg
「やっぱ冒険者ってバカだろ。しかたない、このかびかびのパンでよければどうぞ」
Webstory mage.jpg
「あ、ありがとうございますぅ~。御礼に何か呪文をかけさせてください」
Advertisement