Bikini Warriors Wiki
Advertisement

Summary[]

Characters[]

Text[]

Japanese English
王に世界を救う使命を言い渡された君は、憤慨していた。
世界を救う使命に対する予算が皿洗いのバイト2日分の日当相当とは!
とにかく引き受けてしまった君だったが、
途方にくれたまま城内をうろつくことにした。
Webstory fighter.jpg
「やれやれ、こんな立派な城なのにお金も宝もないのかねぇ。ほら、お城の騎士は立派な恰好してるじゃないの。あの、すみません」
Webstory paladin.jpg
「ここは王の城よ」
Webstory fighter.jpg
「いや、さすがに知ってますよ。実はこれから世界を救う戦いに赴くのですが、あいにく装備も金もありません。その立派な盾をお貸し願えないでしょうか?」
Webstory paladin.jpg
「お断りするわ。この盾は聖騎士の誇り。王をお守りするための盾なのよ」
Webstory fighter.jpg
「そこをなんとか。固いこと言わずに。貸してくれたら美味しいアップルパイをご馳走しますよ」
Webstory paladin.jpg
「聖騎士は戒律を守り、王と弱き者のためだけに戦います。常に己を律し、誘惑に屈することはありません(じろじろとファイターの身体を横目で見る)」
Webstory fighter.jpg
「お願いします、土下座します、この通り!」
Webstory paladin.jpg
「(息を少し荒げながら)聖騎士は戒律を守り、王と弱き者のためだけに戦います。はぁはぁ、常に…己を律しぃ…淫猥な肉体の誘惑に…屈することはぁ…」
Webstory fighter.jpg
「(壁ドンして顔を近づける)こんなにお願いしてもダメなんですか!!」
Webstory paladin.jpg
「(頬が紅潮)はぁぁ・・・聖騎士たるものぉ…王と弱き者のためだけに…あぁ、何をするのですか」
Webstory fighter.jpg
「すみません、つい興奮してしまって。非礼をお詫びいたします。それでは、失礼いたします」
Webstory paladin.jpg
「ま、待って!」
Webstory fighter.jpg
「はい?」
Webstory paladin.jpg
「この盾はお貸しできませんが、私があなたの盾になりましょう」
Webstory fighter.jpg
「(うるうる)パ、パラディン殿・・・! 嬉しいです、こちらこそよろしくお願いします!」
Webstory paladin.jpg
「ただし、わたしは聖騎士の誓いに従い、善を助け、悪をくじく存在です。ファイター殿も己を律し、誘惑に屈することなく任務に赴くことご承知願いたい」
Webstory fighter.jpg
「(う~ん、なんか堅そうな人だなぁ。まあ、仕方ないか。助けてくれるだけでもありがたいし、わたしもまあどっちかといえば悪い奴は許せない方だし…)はい!共に悪をやっつけましょう!」
Webstory paladin.jpg
「それでは、さっそく湯浴みをしてお互いの体を清めあいましょう」
Webstory fighter.jpg
「ふ、風呂ですか?? あぁ~、でもさっき入ったばっかりでして」
Webstory paladin.jpg
「では、安宿にてともに語り合いましょう。どのようにしても二人が寝ようとすると肌が触れ合ってしまうような狭くみすぼらしい部屋の中、むせかえるような熱い空気の中で二人の心の距離もいやがおうにも近づいていくことでしょう。そして、いつしか二人は…」
Webstory fighter.jpg
「パ、パラディン殿?」
Webstory paladin.jpg
「ファイターは野獣と化し、高貴な生まれの獲物に襲い掛かることでしょう。抵抗などもはや無意味。それは悟った高貴なる騎士の心はいつしか…」
Webstory fighter.jpg
「おーい、大丈夫かぁ」
Webstory paladin.jpg
「はっ! いけないけない、わたくしとしたことが。では、ともに行きましょう。世界を救う旅へ!」
Webstory fighter.jpg
「(大丈夫なのかな、この人)」
Advertisement